妊娠線 肉割れ 予防 解消

妊娠線お役立ち情報を紹介

最近、口コミで広まった妊娠線・肉割れ消しクリームが人気です。
出産に伴ってできた妊娠線は一度できたら簡単には消すことができません。

 

それには専用の保湿性クリームが必要です。
そんなお母さんのために天然由来のオーガニック原料をもとに作られました。

 

頑固な妊娠線も、繰り返し塗りマッサージすることで、確実に薄くすることができます。

 

では、妊娠線クリームの1つであるノコアの口コミを紹介します。

 

・元気な赤ちゃんが生まれたのは嬉しいけど、この黒々したお腹線に悩んでいました。
 評判が良かったノコアに決め使い始めたのですが、 最初は効果が感じられず騙された!
 って思ったんですが、

 

 使い始めてから、3週間、鏡に映った自分のお腹を見てみると、
 明らかに線が薄くなっていたんです!
 嬉しくなって、さらにマッサージを続けたら、2ヶ月後にはほとんど見えないくらいになりました。
 専用の妊娠線クリームを使って正解でした!

 

・妊娠線クリームを使ったところ、ボコボコしたミミズの線が、だんだんと薄くなっていきました。
 触ると分かるくらいなので、普通の保湿クリームとの違いに驚きました。
 迷ったらノコア、と思えるくらい素晴らしいクリームです。

 

・夏に水着を着る機会があるため、お腹の肉割れのために購入しました。
 買って正解でした。夏までには間に合いそうです。
 値段がもう少し安ければ、さらに嬉しいです。

 

 

@コスメの口コミでもかなり高い評価を獲得している妊娠線肉割れクリームです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

妊娠線はお腹以外にもできる

妊娠線というとお腹ばかりを考えてしまいますが、
実は体のいろいろな部分にできてしまいます。

 

ですから、妊娠線ができやすい場所を予め把握しておいて、
お腹以外の妊娠線のできやすい部分もしっかりとケアをしておきましょう。

 

ちなみに、妊娠線クリームは高い保湿力と浸透力を持つ成分が配合されており、
お腹以外の部位にも、お使い頂くことができます。

 

 

女性は妊娠すると、体重がぐんと増加して全身のいろんな部分がサイズアップします。

 

人によっては妊娠してもあまり太らない人もいますが、
お腹だけでなく、部分太りをする人も多く、そういう部分に妊娠線が出たりします。
妊娠線のできやすい場所も個人差がありますから、自分の傾向も把握するように心がけて、
早期発見、早期ケアを心がけましょう。

 

 

【胸】
妊娠すると母乳を与える準備を体が始めるため、胸はどんどん大きくなります。

 

これはホルモン状態が変化することによって大きくなるので、
人によっては妊娠初期から大きくなる人もいれば、全くならない人もいます。

 

しかし、お腹よりも胸の大きさが気になる人もいるほどで、
人生で最も大きくなったという人も少なくありません。
妊娠がわかったら自分は胸が大きくなるタイプかどうかをよくチェックしてみましょう。

 

自分で見たり、触ったりしてチェックしますが、
特に胸が張ってつらい人は要注意で、急激な体の変化は妊娠線に繋がりやすいです。

 

 

【腰・お尻】
普通、妊娠するとほとんどの人は、腰からお尻にかけて急激に脂肪がついていきます。
ですから、腰からお尻も妊娠線ができやすい部分と言われています。

 

また、お腹が大きくなるにつれて腰周りの皮膚は引っ張られ、
妊娠線として残りやすくなってしまいます。

 

もともとスレンダーで痩せている体型、小柄な体型の人は、
この割合が大きくなるので妊娠線が出やすくなりますので、
腰・お尻まわりは注意してケアしましょう。

 

 

【太もも・ふくらはぎ】
腰からお尻にかけて急激に脂肪がつく人は、
それを支える太ももにも脂肪が多くつきやすいので注意が必要になります。

 

特に太ももの内側というのは皮下脂肪を溜め込みやすい場所と言われており、
お肉が急激についてきますので気づいてから絶句する人もいるほどです。

 

また、ふくらはぎにも妊娠線ができる人も時々います。
妊婦になると自分で見るのが難しい部分ですので、
太ももやふくらはぎについては家族などに見てもらうのが良いでしょう。

 

 

【ひざの裏】
普段はあまり皮下脂肪を気にすることの無い部分ですが、
足全体のボリュームがアップすると、ひざ裏にも妊娠線が出ることがあります。

 

ふくらはぎと同じく、お腹が大きくなるとどうしてもチェックが難しい部分ですので、
家族の人に見てもらいましょう。

 

 

 

こうして見てみると、ほとんどじゃないか!と思うかもしれませんね。

 

しかし、ちゃんと妊娠初期から自分の体を丁寧にケアすれば、
妊娠線が出てしまう可能性はそれほどありません。
妊娠線の有無は日ごろの生活やケアの結果ですから、
出産を機に生活や美容意識に変化がない人は、出産後も美しさを維持していくのです。

 

部分によって対応が異なる場合がありますので、部分ごとに考える特別な点に注意し、
そして基本となるクリームやオイルによるマッサージをしっかり行いましょう。

妊娠線ケアには保湿!

肌のトラブル一般に保湿が有効なことは知られていますが、
妊娠線も肌のトラブルのひとつですので、保湿による改善があることが知られています。

 

今回は妊娠線の予防・対策のための保湿の代表格である、
妊娠線クリームとオイルの使用と選び方について説明したいと思います。

 

 

【妊娠線クリーム】
妊娠線というのは、皮下組織などが傷ついた状態になっている状態ですが、
妊娠線クリームやオイルの使用によって、水分の蒸発を防ぎつつ、
栄養成分を補給することで、症状はゆるやかに改善していきます。

 

多くのメーカーから、様々な種類のボディクリームが販売されていて、
玉石混交の状態だとも言われていますが、自分に合ったものを選ぶためにも、
評判だけに頼らず、しっかりと基本的なことを勉強してから選びましょう。

 

ノコアのような妊娠線専用のボディクリームは、妊婦にも安心して使用できるよう、
成分を厳選していることが多く、産後も継続して使用し続けることができます。

 

ボディクリームはある程度の期間継続して使用しなければならないので、
コスト面も重要になってくることにも留意して選びましょう。

 

 

【オイル】
オイルと一言で括れないほど、今は数多くの種類のボディーオイルがあります。
たとえばホホバオイルは、人間の皮膚に近い成分で、肌への刺激も比較的少ないため、
妊婦だけではなく、生まれた赤ちゃんのマッサージにも安心して使用できます。

 

しかし、注意すべきは、オイルは、お肌の水分の蒸発を防ぐものだということ。
蒸発を防ぐだけではなく、お肌へ水分を補給をすることも大切です。
ですから、専用のローションを使用した後にオイルを使用するのが効果的です。

 

特に乾燥しやすい方は、妊娠線専用のクリームを塗った後にオイルを使用することで、
その効果が出やすくなるでしょう。

 

 

 

一度妊娠線ができてしまうと、ダイエットだけでは自然に治ることはありません。
顔や手の保湿には気を遣っても、全身まではなかなか難しいと思いますので、
妊娠線の治療に保湿を重視するというのは盲点になっていました。
しかし、きちんと保湿をすることで妊娠線を改善した人も多いので、希望を持って保湿ケアを始めていきましょう。

妊娠線ケアはいつからすべき?

妊娠線を心配する女性、妊娠線が出てしまい悩んでいる女性は多いです。
その分、ケア用品も多く販売されていますが、使い方は分かっても、
使うタイミングがわからず、結局買わずじまいになる人も多いとか。

 

そういう人のために、妊娠線ケアはいつからすべきか、今回は考えたいと思います。

 

 

実は日本人の妊娠線が出来る確率は60〜70%と非常に高く、
数字からは妊娠線がまったくできない人の方が珍しいというくらいです。

 

妊娠線が出来にくいタイプの人というのは、急激な伸びに耐えられる柔軟性のある皮膚をもっている、
または皮下脂肪の少ないタイプと言われます。しかし一方で、皮下脂肪が少ない痩せ型は、
お腹が出てきた時に皮膚が引っ張られやすく切れやすいとも言われています。

 

さらに、何のケアをしなくても妊娠線が出来なかったという人もいて、
妊娠線が出来にくい人、というのは一言ではまとめきれません。

 

 

さて、妊娠線ケアをいつから始めたらよいかは、これも個人によります。

 

ひとつの目安としては、つわりが終わって、
お腹が本格的に大きくなりだす4ヶ月目くらい。

 

心身の変化が大きく不安定になりがちな時期だけに、
まずは自分の体調と相談して決めるのが一番賢い方法だといえるでしょう。

 

 

それに、双子や三つ子・それ以上の人数を妊娠している方は、
他の人よりもお腹が大きくなり、妊娠線を後ほど作りやすいので、
4ヶ月目よりも前から準備して始めた方が良いかと思います。

 

 

妊娠すると肌が乾燥しやすくなりますが、それに加えて季節が冬を迎えると、いっそう肌が乾燥するようになりますので、季節も考慮して対策の時期は決めた方がベターです。

 

また、35歳以上の高齢出産をされる方は、妊娠中毒症に気をつけることは当然ですが、
同様に妊娠線にも気をつけなければなりません。

 

妊娠線は真皮内の繊維芽細胞やコラーゲンが切れて出来るますが、
妊娠中は肌のターンオーバー機能を妨げるホルモンが分泌されているので、
細胞の生成が遅れて跡が残りやすくなってしまっています。

 

特に30代以降は肌の機能が衰えはじめ、さらにそこに抑制ホルモンが分泌されるため、
しわが増え始めるように妊娠線の数も増え、跡が残りやすくなる傾向にあります。

 

 

その他にも「つわりがおさまったら」というタイミングもあります。
つわりの症状も個人差がありますが、ひどい人であれば、
体もだるく気持ち悪くて食欲がわかない状態になりますよね。

 

そういう状態では妊娠線ケアを考える余裕もないでしょうし、胎児もまだそれほど大きくありませんから、
心身が安定するまでは妊娠線を気にせず、気楽に過ごす方が良いでしょう。

 

 

しかし、お腹が大きくなってきてもまだつわりの症状が続く場合は、
つわりがおさまるのを待たずに始めてもかまいません。
その時は柑橘系の香りの妊娠線クリームなら、匂いによる気持ち悪さを抑えられます。

 

 

 

全般的に言えることですが、妊娠線を気にすることがストレスになりすぎると、
それが母子ともどもに影響してしまい、大切な出産のジャマになりかねません。

 

ですから、あまり神経質になることなく、
お腹が大きくなってきて、自分も妊娠生活に慣れて余裕が出てきたころに、
自分のペースで予防・ケアを始めるのが良いでしょう。
ノワーレ 口コミ